〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
ガーデンのプログラム

皆様こんにちは今週もブログの時間がやってきました。
土日には最強寒波がきて夜も寝れない休日でしたが皆様はいかがお過ごしでしたか?

さて、今回のブログはガーデンのプログラムを受ける仲間たちの紹介をしたいと思います。

まずはプログラムを受けるメンバーの紹介をしたいと思います。

 

左から、今は仕事と回復を両立して頑張っている、竜介さん今日も仕事終わりにプログラムを受けてます。

 

次に ガーデン若手のホープ、ユウスケさんです。

1段階ワークを積極的に参加し、新しい仲間にプログラムを手渡してもらっています。

 

次に 毎日自分の問題に向き合っている努力家のビックボーイさんです。

今日も自分のベストでワークに取り組んでいます。

 

最後に新しくガーデンにきたキョウイチさんです。

いつも満面の笑顔で挨拶をしてくださるとても心の優しい人です。

 

毎日、このメンバーと回復のためにプログラムに取り組んでいます。
1段階のプログラムはアルコール、薬物を使わないで生活を送るには何が必要か??どんな時に欲求が出ていたのかを学びます。

一日一日のスケジュールを立て計画通りに行動すること。

再発の危険信号について学び、その合図に自分で気がつけるように毎日、自分の内面(感情)に向き合い、回復に役立つ、知識や方法を学んでいます。

2段階のプログラムでは自分の感情について学んでいました。

自分の感情に目を向け、感情を言語化して仲間に伝えること。

日本は察する文化が強いですけどやっぱり仲間に自分の気持ちを伝えないと気持ちが伝わらないんだなっと改めて感じました。

だから自分がしたいことや悩んでいること感じていることを仲間に話して欲しいと思っています。

回復に取り組むにつれてみんな笑顔になっていくのがわかります。回復に繋がった当初は希望がない表情をしていた仲間も仲間一人一人から愛情をもらって回復に対する希望が芽生え始めています。これからも自分の回復を信じて共にプログラムに取り組んでいきます。​プログラム外の時間はリラックスして過ごす時間もありますよ〜

ではまた次のブログでお会いしましょう。。

【2017.11.21 Tuesday 16:53】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
失敗のない人生

みなさんこんにちは。

 

肌寒い季節になり、周りの風景も変化してきました。

 

季節は冬に近づき、今年も残るところあと2ヶ月。

みなさんにとってどんな年になったでしょうか。何もなかった年ではないはずです。

 

人生の中では、様々な出来事が起きます。それは

 

嬉しいこと

 

楽しいこと

 

悲しいこと

 

辛いこと

 

微笑ましいこと

 

幸せなこと

 

一言では伝えきれない、たくさんの出来事があったと思います。僕もたくさんの思い出があります。

 

皆さんに聞いてみたいことがあります。

 

自分自身の経験してきたことにより、何も感じないように今過ごしてしまっていることはないでしょうか?

それは自分にとって辛かったり心に傷を負った出来事からそのようにしてしまう人は多いのです。

 

依存症(アディクション)はその痛みの解決策として使用されることがほとんどだったりします。

 

それはとっても悲しいことです。

 

何が悲しいか?

 

それは、何も感じないように、何か嫌なもの、傷を麻痺させようと一生懸命に回避しようとする ”生き方” です。

 

言い方を変えれば、”自分の気持ちから逃げ続ける生き方” です。

 

傷をそのままに放っておくと、傷は傷のまま。いくら逃げても、傷は再現されてしまう。

 

もう苦しみの中に生きる必要なんてないんです。

 

なぜならその傷は癒されるから。

 

しかし、痛みが伴うことがあるかもしれません。でも大丈夫です。

もう一人で抱え、孤独や寂しさの中ではなく、

自分が手を差し出せば、近くにその手を掴んでくれる人は必ずいます。

 

冬は新しい始まりに向けて準備する時期だとも言われます。

 

その準備をする前に、何かやり残していることがあれば、それをする必要があるかもしれませんね。

それは、

 

誰かに想いを伝えること

 

自分がしたいと思いながらまだできてないこと

 

やる!と言いながら、忘れていること ←これ自分です(苦笑

 

など。他にもあるかもしれません。

 

今年も後悔のない一年をお過ごしください。

 

最後に

 

僕は、人生の中で「失敗」というのはないと思います。

 

もし、生きている中で「失敗」があるとすれば

 

それは「行動しない」ことだと思います。

 

これは過去、回復に繋がってから言われた大切な言葉です。

 

回復に失敗はない。もしあるとすれば、それは行動しないこと。

 

では、健やかな日々を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017.11.03 Friday 16:51】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
仲間が増えた!!皆の思い出!!

女心と秋の空。。。
天気の移り変わりが気になる季節になりました(ノ´∀`*)
洗濯物をどのタイミングで干したら乾きやすいのか迷ってしまう高内です。

今回からブログ班としてクライアントのヒロポウ、リョウが加わり活気付いております!!

さて、そんな天気の移り変わりにも負けずデイケアは今日も元気一杯です。
先日デイケアではスタッフの方がリカバリーダイナミクス通称RDの研修を終えました。
より良い繋がりを仲間に伝えていけるように日々心の勉学に励んでおります。

その中、クライアント同士の仲間意識が深まっているという出来事がありました。
研修中の期間常勤スタッフが少ない中、仲間同士で日々の生活を声を掛け合い、円滑に安心安全に過ごしている姿はとても感慨深い思いになりました。
そういった姿や人の温もりがあるからこそ、安心して研修も受けられるんだな、と感謝感謝感謝です。

 

話は変わりまして、どうも!ブログ班のヒロポウです!9月、21日22日と1泊2日のキャンプをクライアントが企画し天川村へ行ってきました。3か月前から準備に取り掛かり企画班、設営班、食事班と分担し苦労をしながらもより良いキャンプにする為に知恵を搾りながら楽しみました。キャンプでは定番のBBQをしたり、カレーとシチューを薪で作るなど顔と鍋を煤まみれになりながら、それぞれの時間を過ごしました。帰りには生憎の雨でしたが「谷瀬の吊り橋」に寄って日本一?(日本ニ?)高い吊り橋を渡りました。いつも強がりな人が高所恐怖症で足が震えているなど意外な一面も見れて皆笑顔が溢れた2日間でした。


僕もクリーンでキャンプをした事が入寮するまで無く、思い出と言えば山と川を見ながらアディクションを使う記憶ばかりでした。今回キャンプに参加出来て素面での楽しみや、何より皆で共有出来る思い出を作る大切さを感じました。来年も皆で参加出来るのを生きる楽しみにしたいなと思う今日この頃です。

話は二転三転、名古屋フォーラムへひとっ飛び。名古屋DARCさんとONENESSグループのジョイントイベントが開催されました!古巣の名古屋DARCさん、パイオニアONENESS。新旧のジョイントは正に歴史的瞬間だなと感じました。現在日本での依存症者へのイメージが変わりゆく中、この様な取り組みは正に歴史の代わり目の体現だと思います。話の中では「もっと依存症者がクリーンになれば健常者と全く変わらない生活が出来るという事を偏見なく受け入れられる環境を作りたい。それにはもっと依存症者が何かを発信して行かないといけない。これもその一つです。」という言葉が胸を打ちました。僕も現在32歳で昭和から平成、アナログからデジタル、と様々な時代の代わり目に立ち会う世代だなと感じながら、依存症問題の代わり目に立ち会えた事を嬉しく感じました。

長々とお話させてもらいましたが、こうしてブログを書かせて頂けるのもひとえに支えてくださっている皆様のおかげだなと思っております。また私ヒロポウちょこまかと登場させて頂くと思いますが皆様宜しくお願い致します。
皆様に幸せが訪れます様に…。
God bless you

【2017.10.31 Tuesday 16:34】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |