〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
<< ガーデンのプログラム | main | ダンス!!ダンス!!ダンス!! >>
愛に包まれる食卓

皆さんこんにちわ!!

 

先週からアプレンティスをさせて頂く事となりました!!

 

大橋広海(旧ヒロポゥ)です!!どうぞ宜しくお願いします!!

 

(アプレンティスとは、依存症当事者のクライアントさんが

就労プログラムとしてスタッフ研修をして社会の一員になる為の制度です。)

 

 

寒さも深まる中

 

どの様に皆さんはお過ごしでしょうか?

 

私は夜の湯たんぽに心も体も

 

癒される毎日です。。。

 

 

これからブログ担当として

 

毎週更新させて頂き、今まで以上により多く

 

皆様にデイケアでの生活を

 

お伝えしていければと思っております。

 

 

では、今週のガーデンブログは!

 

『焼肉プレジャー』

 

をお送りします!!!!

 

 

今回のガーデンの有料プレジャーは

 

「スタミナ太郎」へ行って来ました!

 

男の子といえばやはり焼肉食べ放題!!

 

「同じ食卓で箸を交わす事は仲を深めるには最適だ」と

 

焼肉屋を営む父が口にしていたのを思い出しました。

 

 

クライアントさんも焼肉に舌鼓を打ちながら

 

普段ではあまり話さない内容の話も飛び交っていました。

 

よく「同じ釜の飯を食べた仲」という言葉を耳にする事があります。

 

 

同じ環境、時間、空気、仲間、そして悩みや不安。

 

様々な事を共有する事で生まれる調和という絆

 

その絆が私達には過去欠けていた様に感じます。

 

 

クライアントさんと話す中でこんな話がありました。

 

家族揃って一緒に過ごす時間が殆どなく食事もバラバラでした。

 

その過程から個々に生活する様になった。

 

「この環境が僕の家では当たり前なんだ」

 

そんな当たり前という気持ちの落着け方から

 

寂しさや悲しさが生まれて

 

家族同士で心の壁を創る様になっていった。

 

この話が皆の心にとても響いている様な

 

感覚を覚えたのが印象に残りました。

 

 

自分の辛い過去を話す事は

 

とても躊躇いや恥の感覚があると思います。

 

その気持ちが分かるからこそ仲間から

 

「今は皆で食べられて良かったね!」

 

と暖かい言葉が出てきたんだなと思います。

 

 

『家族の様な関係性』

 

この関係性があるからこそ回復の道を共に歩いて行ける。

 

そんな心もお腹も満腹になれた一日に感謝です。

 

【2018.02.22 Thursday 12:00】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kamitaka.kura-ag.org/trackback/1193
トラックバック